プジョー成城
 

スタッフブログ

前へRelated次へRelated
ブレーキフルード
カテゴリー
メンテナンスTips
スタッフ
[2018/05/22]
IMG_4410.JPG
メンテナンス_ブレーキオイル_大
いつもスタッフブログをご覧いただきありがとうございます!メカニックの菱田です。

みなさんはブレーキフルードがどのような役割をしているか知っていますか?

ブレーキフルードとは、自動車やバイクのブレーキを作動させるための液体です。

ブレーキペダルを踏むと、ブレーキフルードに圧力が掛かり、その圧力でブレーキパッドを押すことでディスクに押し付け摩擦抵抗で車を止めることが出来るのです。

じゃあ水でもいいのでは?と思うかもしれませんが、ブレーキはとても高温になるため水などではすぐに沸騰してしまいます。
沸騰すると空気の泡が出てくるのでブレーキフルードが充満できず、ブレーキの効きが悪くなってしまうベーパロックという現象が起きてしまいます。
なのでブレーキフルードはとても重要な役割をしているのです。

ブレーキフルードは薄黄色の色をしていますが、劣化してくると濁ってきたり、黒ずんできたりします。
劣化してくると水分を吸収し沸点がどんどん下がってくるのでブレーキの効きが悪くなってきてしまいます。

交換時期としては車検ごと(2年ごと)の交換が目安です。

ブレーキは命にかかわるパーツですので、日常点検でブレーキフルードの量や汚れ具合を確認することをお勧めします。

もし分からないこと、気になることがありましたら何なりとご質問ください。